女性の憧れの専門職!歯科衛生士の基本知識や役立つ情報をご紹介致します!

歯科衛生士は国家資格の一つで、高等学校を卒業した後で養成機関において求められる知識や技術を習得して卒業することで受験資格が得られます。
歯科医院において予防処置をおこなったり、歯科医師が行う診療の補助を行うことができます。
また歯に関する保健指導を行うことで口内の健康を維持するためのサポートを行います。
女性が就業する職業の中でも全国で多くの働く場があり、結婚や周産を経験した後でも続けやすい職業と言えます。

女性の憧れの専門職!歯科衛生士の基本知識や役立つ情報をご紹介致します!

歯科衛生士は女性が目指しやすい国家資格の専門職です。
法律にも女子の業と明確に書かれていて、男性はただし書きのようにしておまけでなれることが書かれているような職業です。
他の医療業とは違って夜勤や救急がないため生活に負担がかからないところも女性に嬉しい環境と言えます。
歯科衛生士なら専門性が高いことからプライドを持って続けることができます。
結婚して夫の勤務先についていくような時も全国で通用する資格だし、出産後も戻りやすいと言うメリットがあります。

歯科衛生士になるのに必要なことは歯科衛生士養成機関で2年制以上の知識や技術の習得です

歯科衛生士は歯科医師をサポートする専門職です。
毎年3月初旬に行われる国家試験に合格する必要がありますが、資格試験を受けるために必要なことは歯科衛生士養成機関で知識と技術の習得です。
養成機関への通学期間は2年となっていましたが、歯科衛生士学校養成所の指定規則が一部改正されました。
現在では3年以上となっているため、以前よりも長期間通学します。
学べる場所ですが、高校卒業後、専門学校・短期大学・大学のいずれかで学ぶ必要があります。
専門学校・短期大学であれば、法律に定められてある通り3年の期間で知識と技術を習得すれば良いでしょう。
大学であれば4年間通うことになるため、社会に出て働くまでの期間が長くなります。
その代わり、資格取得だけにとどまらない、幅広い知識を身に着けることができます。
医療や介護全般に関する知識、IT関連の知識があることで将来のキャリアも広がります。
専門学校は数が多く、資格取得に特化したカリキュラムを組む傾向があるため、無駄なく資格取得を目指せます。
ですが、職場は歯科医院だけではありません。
保健所・福祉施設・医療機関など、選択肢が広がり歯科医院に縛られず職場を選択することができるようになります。
自分が将来、どんなキャリアを築きたいかにより専門学校・短期大学・大学と通う場所が変わってきます。

歯科衛生士には毎年三月初旬に実施される国家試験に合格しなければいけません

歯科衛生士は国家資格の1つで、歯科医院等において歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導という3つの業務に従事します。
このうち前の2つはいわゆる業務独占で、資格を取得しなければ担当することができません。
最後の歯科保健指導は名称独占で、資格を持たない者が歯科衛生士を名乗ってその業務に携わることができないようになっています。
歯科衛生士になるには、3つのプロセスを経る必要があります。
まず最初は、大学や短大、専門学校などの指定養成施設で必要な知識や技能などを学び、所定の単位を修めることです。
次は、養成施設を卒業することで得られる受験資格をもって国家試験を受験し、これに合格します。
そして最後は、国の名簿に名前が登録され、免許証の交付を受けることです。
試験は毎年三月初旬に実施され、実施方法はマークシートによる選択式の筆記テストです。
合格するには、最低でも6割の正答率が必要とされています。
合格率は毎年変動しますが、平均するとおおむね95%前後です。

歯科衛生士の仕事の内容の基本は歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ること!

一般歯科や多くの特殊な歯科医院では、歯科衛生士は患者のケアに重要な役割を持っています。
歯科衛生士の仕事内容の多くは、予防的なケアに焦点を当てています。
例えば定期的なクリーニングとチェックアップのために歯科医を訪れる患者のために、歯垢と歯石を取り除き、予備検査を行い必要に応じて画像診断を行います。
また歯科医師のカルテ作成や患者さんの治療計画立案のお手伝いをすることもあります。
歯科衛生士の仕事には、歯垢や歯石の除去以外にも歯への予防材料の塗布、歯周病治療のためのスケーリングとルートプレーニング、歯磨きやフロスなどの基本的な口腔衛生に貢献する清掃作業が含まれます。
さらに口腔衛生に関するアドバイスをすることも仕事となります。
不十分な口腔ケアの兆候を理解し、口腔内の全体的な健康を改善するための変更に関する情報を患者さんに提供するのです。
他には歯科用X線撮影も重要な仕事です。
患者さんのためにデンタルX線写真を撮影し、現像する訓練を受けています。
そして撮影した写真をディスプレイに表示し、歯科医師と患者がコミュニケーションをとる補助をします。

歯科衛生士はチーム医療で歯科診療の補助や歯科保健指導も大事な仕事

歯科衛生士の仕事内容に3大業務と呼ばれるものがあります。
これは歯科予防処置、保健指導そして診療補助を指しており、どれも大切な仕事内容です。
歯科予防処置や診療補助は主に歯科医院や大学、総合病院で行われており、歯科医師の補助として歯石や歯垢を除去したり、口腔内のチェックを行ったりします。
大学病院や総合病院など大きな医療機関で勤務する場合はより高度な技術が求められており、歯科診療の補助はもちろんのこと、チーム医療で手術の準備や補助を行ったり手術前後の感染症を予防するための口腔ケアを行ったりもします。
歯科衛生士の業務では保健指導も大事な仕事になります。
保健指導は市町村の保健センターや介護施設で行うことが多く、食事の方法やおやつの選び方、ブラッシング指導などより具体的なことをアドバイスします。
近年は高齢化社会になっており、口腔ケアのニーズは日々高まっている状況です。
健康な歯を長持ちさせるために必要なことを伝え指導する立場であり、大変大切な仕事になっています。

歯科衛生士が活躍できる具体的な場所その①口腔ケアセンターからの訪問医療

高齢者に伴って、口腔ケアセンターからの訪問医療に対するニーズが高まっています。訪問医療とは、歯科医師や歯科衛生士が自宅や施設などに赴いて治療を行うことです。病気や高齢により歯科クリニックに通うことができない人でも、歯科医師などが訪問することで治療を受けられます。
患者さんのところに訪問する時、実際の治療は歯科医師と協力しながら行っていきます。その後の定期的な健診や口腔ケア、摂食・嚥下リハビリテーションなどは、歯科衛生士が中心となることが多いでしょう。高齢化に伴い、歯科クリニックに通えない人が多くなる中で、今後はこのような形で歯科治療に関わることが多くなります。
訪問で医療を受ける場合は、患者さんがクリニックに通えないわけですから、その周りにいる家族やケアマネジャーとのコミュニケーションを取らなければいけません。小さい口腔ケアセンターの場合は、歯科衛生士もしくは歯科助手が家族やケアマネジャーとの調整を行う必要があります。

歯科衛生士が活躍できる具体的な場所その②病院や大学病院での勤務

歯科衛生士は国家資格に基づいた専門職で、歯科診療の補助や疾病の予防につながる各種ケアの実施、口腔内の健康を保つための保健指導などが主な担当業務となります。いわゆる開業医たる歯科医院やクリニックには必ずと言っていいほど必要な職種なので、求人市場における需要が高いのが特徴です。
街中の医療機関以外にも、歯科衛生士が活躍している場所はあります。歯科を診療科目に持っている病院や大学病院なども、それらに含まれます。平成30年に行われた国の調査では、歯科衛生士全体のうち約5%がこうした病院に勤めているとの報告がありました。
こうした病院における担当業務も、基本的には市中のクリニック等と変わりません。ただ、歯学部を設置している大学の病院などでは、非常に先進的な技術や設備などを駆使して高度な診療を行っていることが多いため、専門性の高い業務が多くなります。また、大規模病院の中には補綴・矯正・口腔外科など診療科がさらに細分化されているところもあって、そうした職場では担当業務の幅が小さく、そして深くなる傾向があります。

歯科衛生士が活躍できる具体的な場所その③市町村等の行政の保健所

歯科衛生士が働く場所は歯科医院だけではありません。自治体などが設置している保健所にもその働く場所はあります。
歯科衛生士には、歯をきれいにする歯科予防措置や診療補助と並んで歯科保健指導があって、ここでの仕事ではこの歯科保健指導の分野で働いていることが多く、専門的な知識と技能を使って管轄する地域全体の歯科保健プロジェクトを企画・発展させる役割を果たします。住民のライフステージに応じたサービスを展開し、乳幼児には歯科検診や母子対象のブラッシング指導とフッ素の塗布、学童期には歯科指導、妊婦さんや一般的な大人には歯科予防相談、高齢者に対しては歯の健康相談や口腔審査などを行い、接触・嚥下の指導で誤飲防止の運動をします。歯の状態は身体全体の健康を左右するという認識から、一生涯自分の歯で暮らすことを目標に行政のサービスが展開しています。歯科衛生士はその中で、大切な役割を果たし、住民の健康や衛生を支える役割をしています。

歯科衛生士が活躍できる具体的な場所その④介護支援事業所など介護居宅施設

歯科衛生士は歯科医院やクリニックで働く以外に、グループホームや有料老人ホームなどの介護居宅施設で働くという選択肢もあります。介護サービスの1つである「居宅療養管理指導(歯科)」がこれに当てはまるのですが、歯科医師が行うものと歯科衛生士が行うものに分かれています。
歯科医師が医学的管理やケアマネージャーに情報提供を行う等の役割を担うのに対し、歯科衛生士は利用者の口腔ケアや義歯清掃、嚥下機能に関する実地指導などを行います。
介護を必要としている方は、介護度や障害によって食べ物を噛んだり飲む力が衰えており口の中に食べ物が残ったままになっていることがあります。口腔内に食べ物が残っていると窒息や誤嚥性肺炎などの病気につながる恐れがあるほか、清潔を保つためにも必要に応じて利用者の状態に合わせたケアを行う必要があります。利用者が無理なく安全に食事ができているか確認を行い、歯科医師や言語聴覚士などのリハビリ職と連携を図ることが大切です。

歯科衛生士が活躍できる具体的な場所その⑤地域に根差した診療所

日本全国には多くの歯科医院や診療所があり、それらの場所で勤務できて活躍できることを考えると、歯科衛生士の資格は地域でしっかりと仕事を続けていきたいと考えてる方にとって最適なものといえます。
一般的によく言われるのが、店舗数の多さとして代表的に挙げられることの多いコンビニエンスストアですが、歯科医院の数はそれよりも多く、どのような市区町村においても、必ずと言ってよいほど働くことのできる場所があると考えてよいでしょう。またそれらの歯科や診療所は、地域医療を担っている重要な場所であることも少なくありません。地域で暮らす人々にとって、生命線とも言えるような重要な歯科医院で働くことができる点において、歯科衛生士の専門性はたいへん強力な武器として活かすことができるものと考えられます。つまり歯科衛生士の資格は、地域医療の担っていく上でたいへん有利で重要性の高いものと考えてよく、地域の中で生活しながら仕事で活躍したいと考えている方には、きわめて魅力的な資格となります。